妊娠初期の食事について

妊娠が分かると、様々なことに神経質になってしまうかもしれませんね。
ここでは、食事に関して考えてみましょう。

 

赤ちゃんをひとり、お腹の中で育てるわけですから、もちろん栄養は必要です。
カルシウムとタンパク質、鉄分に関しては、意識してたくさん摂るようにしたいところですね。

 

また、最近では広く知られていますが、葉酸も摂って欲しい栄養素です。

 

便秘がちになる方も多くいらっしゃいますので、食物繊維もたくさん摂りたいですね。

 

もちろん栄養バランスは非常に大切ですが、妊娠初期にはつわりで食べられない方もいるでしょうから、できるだけ食べられるものだけでも食べるようにしてくださいね。

 

では、避けたい食品ですが。
ビタミンAの過剰摂取は、奇形の原因となると言われています。
食事で摂る分には問題ないでしょうが、サプリメントなどで積極的に摂るなどしないようにしましょう。

 

また、魚介類からの水銀摂取によって、赤ちゃんに影響を与える可能性があるという報告があります。
現在の段階で、どれほどの影響があるのかは分かっていませんが、DHAや必須脂肪酸が豊富な魚介類は妊娠中の女性にも必要な食材です。
何事も、過ぎないことですね。
1人前適量を食べるということを心掛けていると良いでしょう。

 

さらに、カフェインや化学調味料が良くないことは知られていますが、果たしてどれだけ摂ればどんな影響があるのかは、分かっていません。
カフェインは、コーヒーなら2杯程度は問題ないとされています。
化学調味料は、やはりほどほどにするということが大切なのかもしれませんね。