妊娠線について

妊娠すると、多くの方が妊娠線ができます。
妊娠線は、妊娠によりお腹が急激に大きくなってしまうことで、弾力性のない皮膚の真皮や皮下組織が伸びることができずに限界を超えて、皮膚に亀裂ができることを言います。
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれており、表皮は伸びやすいのですが、真皮や皮下組織の一部は弾力性がなく、急激に伸びることへの対応ができません。
亀裂ができた皮膚は赤紫色の線状になりますが、痛むことはありません。
2〜3mmの幅で、お腹に縦に線が入ります。
触ると凹んでおり、皮膚が薄くテカリが出ます。
赤紫の線は、いずれ白くなりますが、消えることはありません。

 

妊娠線は、お腹にできるものだと思っている方が多いでしょうが、ほかにも妊娠中に急激に大きくなるところには出来やすいです。
下腹部・乳房・太もも・おしり・ふくらはぎなど、主に脂肪がつきやすい部分に出来ます。

 

皮膚の伸びが追いつかないほど、急激に大きくなる時期に出始めますが、早い人だと妊娠4ヶ月頃から出る人もいます。
一番多いのは、妊娠6ヶ月ころでしょうか。
つわりが終り、体重増加が著しい時期ですね。

 

妊娠線は、妊娠している方、全てできる可能性があります。
しかし、出来やすい人の傾向として。

 

・皮下脂肪が厚い人や太り気味の人
・多胎妊娠の人
・経産婦
・痩せ型でお腹が出やすい人や小柄な人
・乾燥肌の人

 

お腹が大きくなっていくとき、皮膚が上手く対応して伸びてくれたら妊娠線は出来にくいという理屈になります。
最近では、妊娠線の予防クリームもたくさんのメーカーから発売されているようです。
毎日塗ることで予防できる人もいますが、塗っていてもできてしまう人もいます。
赤ちゃんを産み、この世に送り出す大仕事ですから、ひとつの証しとして捉えると、愛おしく思えるかもしれませんね。