妊娠周期の計算の仕方

妊娠が分かったときには、どんなに早くても妊娠2ヶ月だと診断されますね。
「いま妊娠したばっかりなのに、もう2ヶ月?」
「いつできたの?」
という疑問があるのではないでしょうか。

 

性行為があれば妊娠する、というものではありません。
排卵期でなければ、子宮内に卵子がいないので妊娠することが不可能です。
ですから、妊娠周期を計算するときに、排卵日や最終月経は非常に重要です。

 

正常に妊娠から出産に至った妊婦さんの妊娠期間は、統計を取ると280±15日であることが分かっています。
妊娠期間は十月十日と言われていますが、正確には280±15日というわけです。

 

それを元に、『WHO(世界保健機構)』で定められた定義として。
・正常妊娠期間を280日とする
・28日を妊娠においての1ヶ月とし、妊娠期間を10ヶ月とする
・7日を一週と定め、妊娠期間を40週とする
・現在の妊娠週を妊娠満週数で数えることとする

 

ですから、この定義でいくと、最終月経開始日が妊娠0週0日ということになります。
だいたい排卵期であろう、最終月経開始日から14日目は妊娠2週0日。
生理周期が28日であれば、次回生理予定日の28日目が妊娠4週0日、ということになるのです。

 

妊娠4週0日から妊娠2ヶ月に入るので、妊娠が分かったときには、既に妊娠2ヶ月ということになるのです。

 

ですから、最終月経開始日から数ええて、280日目の妊娠40週0日が、分娩予定日ということです。

 

ただし、生理が順調にある方と、不順な方とでは状況が違ってきますね。
計算上、最終月経後の排卵が14日目となっていますが、不順なかたや生理周期の長さでも多少のズレは生じます。