妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?

かつては『妊娠中毒症』と呼ばれていましたが、2005年に改名されて『妊娠高血圧症候群』と呼ばれるようになりました。
妊娠高血圧症候群は、妊娠末期(8〜10ヶ月)に発症することが多く、子宮や胎盤の血流量が減少し、胎盤の働きが悪くなります。
そのため胎児の発育が悪くなり、早産・子宮内胎児死亡・未熟児・死産などのリスクが大きくなります。
また、子癇・肺水腫・常位胎盤早期剥離・脳出血など、母体の命に関わる事態を引き起こす可能性もあります。

 

このように、妊娠高血圧症候群は非常に怖いものです。

 

症状は、浮腫み・尿たんぱく・高血圧が主な症状となります。
浮腫みは、足のすねの前の部分を指で押して、凹むようであれば浮腫んでいるということです。
尿たんぱくや高血圧は、検診などで検査をしたときに分かります。
手指がこわばりや痺れ、1週間で500g以上の体重増加など、自覚症状がある場合もあります。
重症になると、全身が浮腫み、頭痛や目の前の閃光感などがある場合もあります。
おかしいな、と思ったら、次の検診まで待たずに病院へ行ってみましょう。

 

原因としては、明確なことは今の段階では分かっていませんが、出産を終えると治ってしまうことが多いことから、妊娠に対して妊婦の体が負担を感じ、うまく適応できないことが原因の大きなひとつだと考えられています。
ですから、より負担の大きい多胎妊娠や、高血圧や腎臓病や糖尿病など、合併症がある方がかかる確率が高いとされています。

 

主な治療方法は、安静と食事療法になります。
なるべく横になって過ごし、減塩・高たんぱく・低カロリーの食事を心掛けましょう。
脂肪は極力植物性を中心とし、糖分も減らしてください。
軽症であれば、これで治ってしまうことも多くあります。
しかし、家庭で安静にすることが難しかったり、重症化してしまった場合には、入院が必要となります。
症状により、降圧薬や鎮静薬などの薬物療法を行なう場合もあります。

 

妊娠高血圧症候群では、胎児発育遅延や胎児胎盤機能不全、胎児仮死などの危険があります。
ですから、超音波での胎児計測や、尿中・血中のホルモン測定による胎児胎盤機能検査、分娩監視装置による胎児心拍連続監視が必要となります。
軽症の場合、自然分娩が可能ですが、重症になると、母体の状態と胎児の成熟度によって分娩の時期を決める必要があります。
場合によっては、陣痛を誘発したり、帝王切開を行なって、早めに胎児を出してしまうこともあります。

 

予防としては、やはり早期発見・早期治療のために、定期診察や検査を受けることが必要です。
食生活に気を配り、心身の休息が大切ですね。
できるだけ余計なストレスを避け、十分に睡眠をとることも重要ですよ。