妊娠の症状と兆候

妊娠したかな?と気になっている方は、妊娠の初期にどんな症状があるか、気になるのではないでしょうか。
妊娠の初期症状には、いろいろな症状があり、全てが起こるわけではありません。
個人差があります。

 

・基礎体温の上昇
妊娠すると体温は上がります。熱っぽいと感じる人もいるでしょう。
基礎体温を毎日つけいる人であれば、高温が続くことで初期の段階で妊娠に気づくことができるでしょう。

 

・生理の停止
妊娠すると生理が止まります。これが妊娠に気づく目安になる方が最も多いのではないでしょうか。
生理が止まるのは、受精卵が着床してからです。
また着床出血というものがありますので、これを生理だと勘違いする方も多いようです。

 

・疲労感や倦怠感
これは、ほとんどの妊婦さんが言っていますね。
「ダルイ・・・。体が重い・・・」想像よりも辛いようで、ドリンク剤やビタミン剤で回復しようとする方もいるようですが、それは感心できません。
しっかりと十分な休養を取りましょう。

 

・食べ物の好みの変化
妊娠するとホルモンバランスが急激に変化します。これが原因で食欲過剰や食欲不振が起こります。

 

・臭いに過敏になる
タバコや香水などの臭いが嫌になったり、ご飯を炊いているニオイに吐き気がしたりと、今まで何ともなかった臭いにイライラさせられます。
これもホルモンバランスの変化が原因だと言われています。

 

・吐き気や嘔吐
つわりですね。吐き気や嘔吐は、生理が止まったことを知る前に起こる人もいるくらい、早い時期に感じる方もいるようです。
妊娠初期の兆候のひとつに上げられますね。
つわりに関しては、個人差が非常に大きく、全くない人もいますし、妊娠安定期まで続く人もいます。
長い人では、生まれるまで続く人もいるようです。
つわりは、赤ちゃんが成長している証拠のようなものです。
紛らわす術を自分なりに持って、乗り切りましょう。
どうしても、栄養不良になるほどの強いつわりであれば、医師に相談しましょう。

 

・胸の張り
妊娠初期には、胸に張ってきます。痛みやかゆみがある方もいるようです。
スポーツブラなどの緩い下着を付けるようにしましょう。

 

・頻尿
子宮が大きくなることで、尿意が頻繁にあります。
就寝中にトイレに起きることもあるでしょう。

 

ご自身で感じられる症状としては、このようなものが挙げられます。
ほかにも、息切れがしやすくなる方や皮膚の黒ずみが気になる方もいるようですね。